2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2016年2月26日 | トップページ | 2016年3月31日 »

2016年2月29日

2016年2月29日 (月)

学生たちのターニングポイントに

小生が武道大学空手道部へ就任し新たに行ったことの一つとして

海外遠征がある

それは

小生も20代のころに、当時乗っていた愛車を売ってまでお金を工面し

ドイツとスウエーデンへ和道会東京チームとして転戦し、空手道の素晴らしさと可能性を再発見した・・・という思い出があるから

その時にお世話になった先生で、スウエーデンで和道空手を広めた東大空手道部OBの大上先生との出会いが小生の方向性を決めた

緑豊かな土地に豪邸に住む先生は、首都であるストックホルムにビルワンフロアーに道場を経営するプロ空手家

それまでの日本での空手の小生のイメージは、ボランテイアで教えるもの・・・であった

羨ましさとともに、衝撃が走った

その後帰国し、小生の頭の中には

いつか空手一本でやって行くぞ~と

そんな転機となったヨーロッパ遠征

今の学生にも、何らかのきっかけになって欲しい

そんな想いから昨年からカナダ遠征を企画した1456710873798

それから一年

1456710874892


早いな・・・

もう二回目を明日に控えている

メンバーは8名と多くはありませんが

カナダビクトリアでのホームステイに

バンクーバーでの「ステーブンストン空手トーナメント」出場など

8日間という短いながらの最高の経験を満喫してほしいね

1456710875647


現地でお世話になる、小生の親友でKENZEN道場のオーナー、リチャード先生と

協同経営者でオールカナダナショナルチームコーチのクレイグ先生

大会では主宰者であり、カナダへ空手普及に尽力された打揚先生など

多くの皆さんのサポートがあってこのカナダ遠征が行える

1456710876258


またこの遠征は大学の授業の一環として単位認定される

実は、この一週間

久々に体調不良に襲われていた小生

ようやく出発前日になって気力が戻って来た

帰国後は、白水練成大会や学校行事

またこの度、息子の中学校卒業式で保護者代表謝辞を行うことになり

昨夜にフリーズしている脳を呼び起こしながら文面を完成させた

明日から留守にするため、前倒しで事務仕事もしてきたが

なんだかちょっと不安

今日一日、落ち度がないか再チエックです。


にほんブログ村

ポチッと

« 2016年2月26日 | トップページ | 2016年3月31日 »