2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2014年2月12日 | トップページ | 2014年2月14日 »

2014年2月13日

2014年2月13日 (木)

柔道をご教授

Img_8184 昨晩は地元柔道連盟の会長

岩上先生をお迎えし

柔道の基礎である、受け身と

崩し→投げへの導入部分まで

1392252209430 ご教授願った

今回は、同連盟事務局の相島先生も相手役としてご同行いただいた。

前半は本会のウオーミングアップと基本稽古

1392252197972 そして、空手競技で使用する投げを見ていただき

今回の指導内容を検討いただいた。

先ずは簡単な「受け身」の重要性をレクチャー

1392252219929 次に実技へと移行する

腹筋姿勢からの「後受身」

両腕の使い方や、なぜこの姿勢なのか・・うんぬん

1392252234899 蹲踞姿勢から→スタンディングからと少しずつフォームを変えて行く

次に「前受身」

膝をついた姿勢→膝をつかない→スタンディングから・・

「横受身」→「前回り受身」へと難易度を増していく

受身の締めくくりは、座った相手を飛び越えながらの「前回り受身」

そして今回の稽古の締めくくりとして

「崩し」についてレクチャー

ポイント

「投げたい方向の反対へ崩すべし」

それすなわち、相手の反射を利用することなり・・

70歳を超えるお二人が様々な投げを披露する

前出に「崩し」について勉強したばかりだから

その理に沿った動きが見えた時、う~んと唸ってしまった。

いや~とても合理的かつ効果的に出来ている

やはり基礎体力があるにこしたことはないが、力を凌駕する技術があるのだ

最後に、投げの一例として、「大外刈り」を全員で稽古

正味一時間の柔道教室でしたが

とても内容の濃い稽古が出来ました。

しかし痛感

空手家(本会の生徒ね)は、体力が足りない・・トホホsweat01

柔道家の身体を見ると一目瞭然ですよね

身体がぎゅ~っと詰まってますもんね

本会の中学生なんてヒラヒラしてますわ・・(。>0<。)

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

今回残念だったのは、出席者が少なかったこと

特に幸手組の中学生は一人のみの参加

お~い 何してる?

みんなもったいないことしたぞ~

ポチッとよろしく

« 2014年2月12日 | トップページ | 2014年2月14日 »