2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月27日 | トップページ | 2013年5月30日 »

2013年5月28日

2013年5月28日 (火)

マスターズ予選決勝解説~第2章~

強引な間合いの詰めでした。

ここで下がれば

得意の左中段回し蹴りの餌食に・・・

こちらも強引に飛び込み懐へ抱きついた

遠山選手の両腕が小生の顔面を締め付ける

きしむメンホー 顔の横90度にメンホーがくるりと回った所で`ヤメ!’の合図が

開始線に戻り目を合わせると、遠山選手の目は完全にロックON状態

さてここで遠山選手対策の出番である。

先ずは、得意の左回し蹴り封じ対策

対策その一

こちらも右構えとなり相構えでがっぷり四つ(左構えだと、こちらの腹部がバッチリ丸見え状態ですからね)

対策その二

遠間ではなく近間で勝負

その二の理由として、遠山選手の回し蹴りは、逃げ行く相手を蛇腹式扇子が伸びるがごとく捉えるのが何時もの必勝パターン

ここは勇気を振り絞って(だって丸太の様な脚が飛んでくるんです。怖いに決まってます)間を詰めることによって決してコンパクトではないその蹴りを封じ込める。

それは見事に効果があった。

蹴る雰囲気が出た瞬間に飛び込む小生

それでもなお蹴ってきた・・

丸太の様な脚の脛上部と膝が小生の殿部を蹴りあげる

あまりのパワーに80㎏の小生の身体がふわりと浮くのが分かった。

その後はお互いにクリンチ状態

決して子どもたちのお手本となる組手はできそうにない

やはり気持ち良く勝って九州の地を踏みたいし

まっ そんなことを考えている余地なく必死な状態

そして見えたモノは

カラータイマーの点滅しているかの様な息遣いの遠山選手であった

よし

今度は絡み合った隙を縫って、顎へ突きを入れてやる・・・と

小生の記憶では同じ封じこみパターンで蹴りに合わせて飛び込んだ

そしてその都度、クリンチ状態へ

・・・・・・punchannoy

気がつくと止めの合図が聞こえた

スコアーは3対0

そしてコート中央で健闘をたたえる熱い握手

あれから半月が経った

今でも右殿部の奥底に痛みが(。>0<。)

でもその大会の帰りには、遠山先生と電話で話した。

荒川館長~ずるいよ~構えを変えて私の蹴りを封じ込めたでしょ

ははは・・はい その通りです

では日本マスターズの舞台で再び戦いましょう・・・と話を締めくくった

内心 いや~あんまりやりたくないですよね

45歳の身体には、あの蹴りはリスクが多すぎる

もしフルコンの戦いで、あの蹴りがフルスイングできたら

小生の頭はもげちゃうでしょうね・・・Σ(゚д゚lll)アブナッ !

いや~今回は勝てて良かった・・

全国の皆さ~ん 

日本マスターズで会いましょう

決戦は北九州にてsign03

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

ポチッとが足りなよ~

マスターズ埼玉県予選決勝解説

日が戻ります

5月11日(土) 午後16時過ぎ

埼玉県空手道選手権大会はジュニア部門の試合が終えて、日本マスターズ予選会となるシニア部門がスタートした。

日中は子どもたちの監督業

己の頭と心を競技者としてスイッチON

組手2部の頂上で当たる可能性が高いのが、昨年の日本マスターズの覇者である遠山栄一郎先生

長身(190㎝)を生かした深い懐から繰り出される逆突きのカウンター

そして、如意棒のように伸びる回し蹴り

そんなことを意識しながらのウオーミングアップ

矢は放たれた

初戦は肩に力が入っているのが分かった

相手とのタイミングが微妙にずれる

後半になり間合いが合ってきた・・勝利

2回戦 お互いに良く知る関係

途中上段突きをもらう

心が引き締まった・・勝利

3回戦 これまた良く知る相手

G選手は心身共に充実された先生で、全国に出れば必ず上位に行かれる力の持ち主

昨年も1部組手の戦いで独特な間合いに翻弄され、辛うじて勝利した

そして今回も・・・判定勝ちという後味の悪い勝利をいただいた。

決勝コートでは、予定通り?

あの巨神兵 遠山選手が立ちはだかっていた

コートは本部席前というプレミアムコート

選手のコール

互いに礼

お互いに意識している「礼法」

観客席では子どもたちが応援してくれている

勝負はじめっ!

右構えの逆構えは予想した通り

いきなり間合いを潰しにかかって来た

おっ! 先手必勝できたか・・・

早い段階での間合い潰しは予想外

その理由は、準決勝戦での疲れを引きずってるのは、後から試合を終えた遠山選手の方だと確信していたから

おそらく、前半は見合って、体力の温存を図り後半勝負か・・というのが小生の予想

さて・・・真向勝負で行くか

あとにつづく

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さてこれから午前一般クラス

幸手道場の稽古です。

時間になりましたので移動いたします。

この決勝戦の模様は次回に

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく

« 2013年5月27日 | トップページ | 2013年5月30日 »