2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 息子は団長! | トップページ | 開脚 »

2012年10月16日 (火)

伸筋の収縮力と屈筋の脱力

表題を総して拮抗筋という

この二種類の筋肉のONとOFFの使い分けが、スピードとパワーを最大限に引き出すカギとなる。

上腕で考えると

二頭筋(ちからコブ側ね)が屈筋

三頭筋(女性の敵、二の腕)が伸筋

例えば

正拳突きを行う場合

屈筋をOFF(弛めて)にして伸筋の筋収縮を最大限に行えば、腕はビュンと伸びる

当然それだけでは、単なる腕単体のスピードが増しただけになるので、大きなパワーは得られない

これに重心移動が素早く行えた時、大きな爆発力を生み出すことができる。

しかしここで難しい問題ある

人は屈筋を収縮した時に「がんばった感」を感じている

ですから、早く突こうと思えば思うほど屈筋が働いてしまうので

本人は頑張っているのにパフォーマンスが上がらないという逆現象がおきてしまう。

ですから、何度も何度も繰り返し行うことで屈筋を疲れさせ

その力の抜けた時の感覚を覚えこませる方法を昔から行っている

そう 「反復の鬼と化」するわけですね。

Photo また先日の和道会指導員研修会では柔術の稽古を行いましたが

この拮抗筋の使い方がとても重要になってきます。

(写真は箱石先生が肘関節を極めてます。)

これについては

またの機会に譲りましょう

いつもこればっか・・・といわないで

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

ポチッとお願います。

« 息子は団長! | トップページ | 開脚 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明日から、オーストラリアに行ってまいります。
がんばります!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/47473958

この記事へのトラックバック一覧です: 伸筋の収縮力と屈筋の脱力:

« 息子は団長! | トップページ | 開脚 »