2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 祝勝会の風景 | トップページ | 仲間たちと »

2012年9月17日 (月)

能の舞「楊貴妃」を観て

Dsc_1175 はじめて「能」と「狂言」を観る機会をいただきました。

都内、千駄ヶ谷駅近くに「国立能楽堂」がある。

空手関係者の紹介で、「第23回響きの会」の公演へ伺った

Youkihi 演目(写真は楊貴妃)

1部 能「楊貴妃」

2部 狂言「萩大名」

3部 能「望月」

会場内は満席に近い

Dsc_1174 シーンと静まり

「楊貴妃」が始まった

小生の興味は、噂に聞く能楽師の身体操作

またそこ~

仕方がありません

これって職業病かもね

でもせっかく来たのだから、ストーリーを楽しんでみようと試みる

しかし・・・・まったく詩言葉の意味が聞きとれません

でも斜め前の席の方は、必死にメモ帳らしきものに、びっしりと何かを書き込んで行くではありませんか

また隣のご高齢のご婦人は、背筋をピンと伸ばし、歌や鼓に聞き入っている様子

うっ・・・場違いな所に来てしまったかsweat02

あげくの果てに鼓の音が眠たさを誘う

クビが何度折れたことか・・・

あ・・・恥ずかしい

しかし、あの上下運動の無い

滑らかな歩行は凄い

それに、全体の動きは小さいのに、足もとの動きは精妙そのもの

1時半の「楊貴妃」が終了

あの世のこの世の中間をさまよっていた感覚

まっ 内容のストーリーもそのあの世とこの世の話なんですがね

約15分の休憩をはさんで

狂言がスタートした

京都の茶屋で、田舎の大名が詩を詠むストーリーなのだが

大名は詩を作り詠むのが苦手な様子・・・

これは面白かった

会場内もクスクスっと、品の良い笑い声が聞こえる

会場内の皆さんと笑ったタイミングが合ったことが

小生にとって唯一の居場所を見つけた瞬間でした。

とここで

夕刻からの先約飲み会があったために途中退出

由緒正しい身の引き締まる「響きの会」から「飲み会beer」へ

このギャップがいとおかし・・・笑

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

皆さまがポチッとせぬから

ブログランキング順位が上がらぬでござ~る!

しかと押していかれえ~い!

« 祝勝会の風景 | トップページ | 仲間たちと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/47106209

この記事へのトラックバック一覧です: 能の舞「楊貴妃」を観て:

« 祝勝会の風景 | トップページ | 仲間たちと »