2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« バースト事件簿Ⅰ | トップページ | タイムトリップ »

2012年6月 8日 (金)

バースト事件簿Ⅱ後編

電話の向こうで

場所はどの辺りでしょうか?

A:足立入谷出口近くです。

はい!あ客様はどこからどちらへ向かわれているのでしょうか?

ゴーッツdash

パア~ンimpact

と過ぎ行く車たちから警告音を鳴らされる

(;;;´Д`)

A:埼玉から飯田橋へ向かう途中

ゴーッ

お客様はいま車内でしょうか

はいっ 

早く車外に出てください。

後ろから追突される恐れがあります。

はいっ(そんなのわかっとるよ~と心で叫ぶ)

バックミラーを再び見ると

お~っ 神よ

黄色い姿が何とも頼もしい

そう 道路公団のパトロールカーが偶然にも

二人の隊員がすぐさまコーンと発煙筒を焚いて安全地帯を確保

ほ~っと 一息

さて、レッカー車は1時間かかるそうだ

まっ ・・・お願いします

すると隊員の一人が

テンパータイヤ(スペアタイヤのこと)ありますか?

A:あっ いや 分かりません

えっ?

途端に怪しむ様な目に変わった

いやいや

そうじゃないですよ(そうじゃないというのは、盗難車かなにか)

A:これは代車で・・あ~でこうで

フムフム 分かりました

とりあえず見てみましょう

トランクを開けた

お~あるじゃないですか

隊員が言った

私たちはお手伝いすることはできません。

お客様ご自身でお願いします。

お~なるほどそんなルールがあるんだな

まっ やるっきゃないです。

すると隊員が

お客さん

このテンパータイヤ

空気が半分抜けてます

ガーン

┐(´-`)┌

でもとにかく装着して

ユックリ出口まで・・・お付き合いしますんで

お~ありがたい言葉

15分ほどで装着完了

そんな時

一台のレッカー車が安全地帯へ入って来た

あれっ?

実はテンパータイヤが発見された時にJAFさんへレッカー車は要らなくなった旨の電話を入れたはず

ではこれは?

なんと、偶然通りかかっただけの自動車屋さんでした。

自動車屋さん:どうしました?

隊員:空気が抜けてるんよ~

じゃあ 入れてみましょう

クレーン車からノズルをシュルシュルと出したかと思ったら

ものの一分で空気満タンに

有難うございます。お代は?

いやいや そんなのいらないッスよ

隊員さん:いや~良い業者さんですね~

何だかさっきまで、額に汗かいて

後続車に激突されて大惨事になるのでは~と平常心が揺らいでいた時のことはついさっき

なんだか周りの皆さんが輝いて見えました。shine

その後、スピードをかなり押さえて九段下と飯田橋にあるホテルに到着したのは約束の時間から10分ほど遅れた時でした。

あんなアクシデント

よくぞ、10分遅れ程度で到着できたものだ

全てが万事

必然が重なり多くの皆さんに助けていただいた

感謝 感謝

パンクして遅れました

申し訳ございません。

ホント?なの

とメンバーの冷やかな目線(小生だけがそう感じただけだが)

証拠・・・

真っ黒になった両手を、長であるT井先生に見せてみた

では 洗って来ま~す。

その後は有意義な空手未来ミーティングに混じらせていただき

Dsc_0965 今後の展開が益々面白くなりそうな予感

いや~今回は地獄と天国を味わった貴重な一日でした。

ちなみに掲載した写真が、バーストして分離してしまった無残なタイヤ

そして、そのアクシデントを報告した後に貸し出された代車がこれだ・・

Dsc_0967新型レクサスGSFスポーツ仕様

700万円もする高級車

いや~参った

これじゃ なおさら緊張してしまいますワ

トホホ

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

こんな長い・・しかもこんな内容のブログ

よく読んでいただいたm(_ _)m

ついでにポチッとまでお願いしますね!

« バースト事件簿Ⅰ | トップページ | タイムトリップ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/45581749

この記事へのトラックバック一覧です: バースト事件簿Ⅱ後編:

« バースト事件簿Ⅰ | トップページ | タイムトリップ »