2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月11日 | トップページ | 2011年12月13日 »

2011年12月12日

2011年12月12日 (月)

JKF空手って人気!?

Dsc_0602 二日間、全日本空手道選手権大会は多くの観客が訪れました。

そんな、試合の事ではない視点からこの大会を考えてみましょう。

小生は毎週この日本武道の殿堂、日本武道館へ足を運んでいる恵まれた一人なのですが、毎週この武道館に足を運ぶと武道以外のイベントが毎日のように開催されている。

Dsc_0598 その際に感じるのが、特に観客の多さ

まっ 武道館でイベント出来る企業や歌手それにタレントさんですから知名度が高いので当然なのでしょうが・・・

でも国内でも何万人と会員数を誇る全日本空手道連盟の日本一を決める大会なのに、10年以上前では、一階席は埋まるものの2階席までは・・・という状況で

まっ アマチュアスポーツの宿命か・・・とちょっと寂しいね・・と思ったときも数回

でも自分が信じて長年やっている空手道の全国大会の観客席がガラ~ンとしてればテンション下がりますよね

でもここ数年

この全日本選手権は観客動員数がかなり増えている

えっ!?各県連が頑張ってチケットを配布してるからだって?

いやいやそうじゃないですよね

それは、出場する選手の皆さんのキャラクターが様々で魅力があること

変幻自在の組手を展開する松久選手

それを打ち落そう・・と遠距離の射程距離を誇る槍のひと刺しを隠し持った天才荒賀選手

見る者を熱くさせてくれる小林選手

埼玉県の救世主、新星染谷シスターズ

絶妙な投げ倒しの名手、渡辺選手

切れ迫力、人格者と三拍子そろった形の名手、大木選手

妖精のような容姿からは想像できない迫力ある気合いを発する宇佐美選手

あげれなもっとたくさんいらっしゃる

でそんな感じで大会プログラムの選手一覧にキャッチフレーズなんか入れればより観客に親近感が湧き、観戦者の考える筋書きや、予想をしたりなどより見る者が楽しめる大会になるのに・・・と思った次第

でもそれってJKFan誌がやってたっけ

ん それとも格式高い大会のプログラムにはそんな「あおり」は入れられないのかな?

でも、初日に行われた県対抗の団体戦

あれも観客増員の要因でしょうね

でまたここで小生の勝手なリクエスト

男女別の団体戦は国民体育大会でまかせといて

全日本は男女混成にすれば良いのに

例えば、男子5人の女子4名の9人制

当然、女子は女子と出来るように配置

これって小生たちが所属してる和道会の都道府県対抗戦で採用している方式(人数は5人制ですけどね)に近いものです。

これで各県の勢力分布が如実に表れて、応援団にも熱が入りますよね。

小生は、道場の子どもたちと2階席からの観戦でしたが一つ残念なことが

それは大型スクリーンが常にそのサイドのコートしか映し出していないこと、また途中で改善がなされていましたが、得点の電光掲示板が観客に見えずらいこと、できれば大型スクーリンに掲示出来ればよかったのに~と

あっ あまりこんなことを書いてると、天からお叱りを受けるやもしれませんのでこれにて・・

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

最後に本会の皆さんと関係者へ

昨日は沢山の皆さんに応援に駆けつけていただき有難うございました。

会場では強化生の皆さんの他にも通常クラスの皆さんや、和道会の他団体の皆さんまで応援していただきました。

目に見える結果はありませんでしたが、選手らの試合に臨む姿勢や、一流の他選手の技や心が駆けつけた皆さんに伝わり心に残ったのではないでしょうか。

この大会はそれほど素晴らしい勉強の場なんです。

皆さん お疲れ様でした!

« 2011年12月11日 | トップページ | 2011年12月13日 »