2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« これ大事ね | トップページ | Facebook 始めました »

2011年11月10日 (木)

原因を探れ

Dsc_0553 ん~もっと攻めて欲しい・・・

松久選手の様な思い切った発想と実行力みたいな・・感じでね

とこれは本道場本部の玄関写真

全日本選手権のポスターが届いたのでさっそく貼りました

ん~実にカッコイイ

で、昨晩の昇級審査

小学5年生クラスでした。

この学年は茶帯が過半数を占める

その他、強化コースに所属している練習生らは黒帯を締めている者も数名いますが、有段者はこの審査は受けません。

この学年 まだまだ思春期は来てません・・・でもたま~に居ますがね

ですから、まだまだ聞き入れてくれる素直さがあります。

気合いは上々

でも、級が上級に差し掛かってくる者も多く、気合いだけでは昇級出来ないことも多い

特に、本会では4級から自由組手を課しておりますが

間合いがわからず(まっある意味永遠のテーマですから、ここではもっと初歩的な意)

ただ攻撃するだけ~とか

ただ受けるだけ~などの

一本のレールに乗っかり、ただただ左右に交互に攻撃試合っている展開が多くみられる

そんな場合

4級(緑帯)→3級(茶帯)へと昇級させるのはやはり×だよね~と指導員間でよく話される。

そんな中、それを何とかクリアーして現在茶帯を締めているK君(通常クラス生)

今回の相手は長身で強化コース生のRくん

この二人、大の仲良し

さて組手審査開始

間合いの取り合い

K君に対しR君が前足を詰めてきた

サッ と間合いを切るK君

構えのバランスもなかなかどおして・・決まってるではないですか

おっ なかなか良い感じの展開

その均衡を破った最初の技は、Rくんの思い切った上段刻み突きpunchimpactでした。

ん~見事に決まった!

さてその勢いのある先制攻撃を頂戴してしまったKくん

その後も果敢に何度か手を出すがまるっきり届かない

でもそれはそのはず

K君が詰める→R君が外す・・・そこへK君の攻撃・・・

当然届きませんわな

それを繰り返す展開

これを同じ周期で繰り返す

‘ヤメッ!’と終了の合図

その後も数組が・・審査

最終組が終わって判定会議

その間、受審生は道場内の掃除

スタッフルームから道場へ戻ると、練習生は整然と整列を終えている

最後部には我が子の結果を聞こうと多くの保護者の皆さん

K君の結果・・・不合格 3級そのまま!

受審者 38名

原級者 6名

でした。

発表後、組手の相手だったR君のお母さんや、自分のお母さんと残っているK君と話した。

さて、この結果の原因を探ってみよう

先ずは、間合いの作り方はOK!ね

でもその中で、間を詰めた瞬間に、間を置き過ぎてしまって攻撃を出している・・とここが問題

そしてそれ以上に、同じ周期(リズム)で間合いを詰めてしまうこと(これってたぶん無意識かな)

これじゃ読まれてしまいますよね~

そう、もっと間合いの詰めは不規則に行うこと。それによって、予想も読みも難しくなるので、不用意に詰められれば、早い反応(切ること)が出来なくなる。

そこへ間を置かず攻撃を繰り出せば、Rくんのような刻み突きが見事に突きささる訳です。

は~っ ま~た文章が長くなっちゃいました。

今日は東京理科大→日本武道館武道学園→途中切り上げて→庄和支部審査会とアクティブに動かなくてはないりません。

がんばるど~っ!

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

ポチット!

« これ大事ね | トップページ | Facebook 始めました »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/42951024

この記事へのトラックバック一覧です: 原因を探れ:

« これ大事ね | トップページ | Facebook 始めました »