2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月28日 | トップページ | 2011年12月1日 »

2011年11月30日

2011年11月30日 (水)

圧倒的スピード2

全日本学生の一コマ

秒殺でした・・

最近見た選手の中では断トツのスピードではないでしょうか

谷選手(京産大)の刻み突き

先ずは物理的な速さ

上腕にある伸筋、上腕三頭筋の収縮の速さもありましょう

ヒットマッスルと云われる後背筋の強さもありましょう

また、下肢の伸筋である大腿四頭筋の強さもありましょう

そして、下腿三頭筋の強さ・・・

人それぞれに、速筋優位派と遅筋優位派とありますが

谷選手は間違いなく前者でしょうね

そんなハード面を獲得している谷選手

残りは神経系のあり方

まっ 実はここの部分が本来重要なんですけどね

そっ ハードに対してソフトってことですよね

筋肉群であるハードを如何に効率的に動かせるのか

それを握るカギがこのソフトの出来栄えなのですが

屈筋&伸筋スイッチのONとOFF

これを間違えずにコントロールできればGood!

腕の動作では、肘をターゲットに対して直線で結び、肘を空(あまく)けることなく突き出すべし

その時に注意すべきことは、タメを使わず始動すること

身体の移動と共に拳頭もスタート

そう 一般的に多いのは、身体の移動がスタートした時に、腕を引くことによって身体を前進させようと勝手にテコの原理を持ちいてしまい、拳をいったん引いてしまうといったことをやってしまう。その結果、タメとなって相手への到達速度を遅らせてしまう。

またそれとは別に、拳に力を込め過ぎてしまい拳だけが取り残されてしまうこともある

この様に、無理無駄な手続動作が増えることで結果として遅くなる

で逆に言えば、これをしなければ速い最速の突きを手に入れることが可能になる。

今の各種試合を見ていると、様々な精神的要素から、普段は出来ていても、本番は出来ていない・・・そんな選手を入れると、本番での試合で最速パンチ手続動作を操れているのは出場者選手の中で2~3割程度ではなかろうか・・

ということは、これを獲得すれば残りの7~8割の選手たちに、少なくともファーストコンタクトでは負けない・・

つづく・・・

またかよ・・・って言わないの(-ε-)

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

ポチッとよろしく!

みんな元気ですか~!

« 2011年11月28日 | トップページ | 2011年12月1日 »