2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月17日 | トップページ | 2011年10月19日 »

2011年10月18日

2011年10月18日 (火)

王者の空手

Ka1111 今月発売の月刊空手道誌の表紙は、最大流派で技術集団と謳われている日本空手道協会の今年度チャンピオン、栗原選手

小生との接点は無し・・・

でもそういえば、一年前に映画「黒帯」の主人公で同協会の指導員、中達也先生に連れられて総本部へ伺った際に、すれ違いざまにご挨拶したことがあったかな・・?

でも、その程度で残念ながらお話しはまだ・・

Kurihara02 で、今回の特集記事では王者栗原選手のサクセスストーリーとは別に

技術編も掲載してあった。

お~なるほど

といったヒントとなることが満載で、とても勉強になりました。

それに「布石を打ち、術中にはめる」「遅れて極まる追い突きとは」

など、興味あるテーマにウキウキしたもんです。

読むと分かりますが

本物に極めて近い技を少し外した遠間で繰り出し

それに反応させてそれを捌き、そして極める

このパターンて、結構試合の中で行われていることだけど

それを言葉で解説されている。

ん~結構見落としているし、小生の頭の中では優先されるべきパターンではなかったのだろう。

この解説がとても新鮮に思えたんです。

はっ!と思い出した様な、気づかされたような

何か久しぶりのヒット~!という感じです。

王者の空手

恐るべし・・・

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

« 2011年10月17日 | トップページ | 2011年10月19日 »