2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« RX350走る | トップページ | 講師依頼 »

2010年10月15日 (金)

拳サポーターの比較

空手衣に引き続き 第2弾!

拳サポーターの比較、及び考察

101015_095601拳サポーターが、アディダスさんから送られてきた。

小生が現在愛用はミズノ社製

さっそく比較

adidas以下:A  ミズノ以下:M

1.拳から指先にかけてのカーブ(赤がadidas社製、青はミズノ社製)

101015_100001  A:やや強め

 M:やや緩やか

2.材質

 A:柔らかめ

 M:やや硬め

3.接触(打撃)部の厚さと硬さ

101015_100002 A:厚さはM社の1.5倍で柔らかめ

 M:厚さは薄目でやや硬め

4.縫い目(ステッチ)

 A:幅は大きめ

 M:幅は小さめ

5.装着感

 A:拳頭部が深めになっており、包み込まれ感が強い

 M:A社より、手を開きやすいが、握り込むのにやや力が必要

6.サイズ

  M社のLサイズとA社のMサイズがほぼ同じサイズ

7.ウエイト

 A社のほうがやや軽め

総括

 付け心地はA社、ただ、新ルールに伴い、ジュニア・カデッドルールの上段コンタクトに対するペナルティーが強化されたことは、国内のメンホー装着義務を考えると、肉厚のA社拳サポは不利

 しかしシニアについては、素面勝負ならば、付け心地が良く軽量に作られているA社がベストか

 また特筆すべきは、A社の物は、インナーの吸収材と外を包み込む表面素材との間に比較的大きな空気層(手の内側:拳頭部)が設けてあり、打突部に接触した後には、その空気層部で2重の吸収と、打たれた側には親切な設計になっている。このあたりは、世界で販売展開しているA社の長の部分か

以上 レポートしてみました。

あくまでも、これは小生の感覚であって、各社がそれを狙ってのモノかは分かりません。また、拳の作りにはそれぞれ個人差がありますので、今回取り上げたA社とM社以外にも、ヒロタや東海堂など、老舗店でも販売している商品もございますので、各自納得できる試合用具をチョイスしていただきたいと思います。

あっ・・・そこのあなた

‘逃げたな!’なんて言わないように

小生は、どこの味方でもありません。

良いモノを使うだけです。ハイ

ポチッとしてる?

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

 

« RX350走る | トップページ | 講師依頼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/37243657

この記事へのトラックバック一覧です: 拳サポーターの比較:

« RX350走る | トップページ | 講師依頼 »