2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 講師依頼 | トップページ | メール紹介 »

2010年10月17日 (日)

あきらめない心

101017_151601 今日は地元大会でした。

地元大会・・・といっても、全中組や全少組もいる結構良いレベルの大会だと思う。

案の定 大会は大混戦

本会の子たちも、他の道場の子たちも良く頑張った!

とここで一つの試合をクローズアップしてみよう

中学生男子組手決勝戦

今年、県大会個人組手優勝のN君

同じく、県大会個人形優勝のY君

個人のタイトルは違えど、県大会団体組手優勝チームメイトの二人

当然、本部席や場内の雰囲気はN君の勝利堅し

でも、どこまでY君が食い下がれるか・・・だったと思う。

先に結果から述べると

9-3でY君の完勝!

さて・・この結果の裏側にはどんな??

N君が手を抜いた・・?

いや・・

稽古では何百回と手合わせしているこの二人

お互いに実力は認めあってる・・たぶん

ではなぜこんな結果に

N君の心理はこうだ・・

みんな俺の試合に期待をしてくれている・・・どんな極め技で行こうか・・

一方、Y君

いくっきゃね~だろ!とりあえずガツンと一発!

ここでのポイントは

N君は、最後のフィニッシュテクニックを意識してしまった結果、柔軟な対応力が低下したと同時に、「ねばならない」スパイラルに陥ってしまった。

綺麗に極めねばならない

蹴りを極めねばならない

ぐるぐるtyphoontyphoon

そこに、ガツンと下から攻めてきたY君の突き技がドンピシャはまりこむ

しかも、その前にY君お得意の奇襲中段回し蹴りが入ってるもんだから

慌てるN君

結果、多くの蹴り技を披露するも

見ている観客を沸かせるだけでポイントへ繋がらない

その後も、真向勝負のY君に対し

後手後手に回ってしまうN君

終盤、明らかにN君の勝負にこだわるオーラが消滅

審判員も観衆もそれは感じたに違いない

それほど、態度や動きに如実に現れた。

もうすでにそこで勝負が付いてたのかも

でも、小生の目から見て、ポテンシャルやテクはN君

でも結果は・・・

やはり「あきらめない心」は必要不可欠ですね。

これを育成する手立てとは・・

やはり空手だけではなく、日常生活の中から・・ですね

これっ!と思ったら最後まであきらめない!やり抜く!

この様な心がけを常日頃から育成していかねばなりません。

なんだか、己に言い聞かせているようです。

あきらめない心はポチットを好む

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

選手 実行委員 係員 保護者の皆さん!

大変お疲れ様でした。

11月3日の彩の国大会も頑張りましょう!

« 講師依頼 | トップページ | メール紹介 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/37277253

この記事へのトラックバック一覧です: あきらめない心:

« 講師依頼 | トップページ | メール紹介 »