2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年7月28日 | トップページ | 2010年7月30日 »

2010年7月29日

2010年7月29日 (木)

月刊空手道 取材

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

昨日、ドイツで40年も根を下ろし、空手道の普及に尽力を注いでいらっしゃる今井先生が来館された。

先生には8月1日に行う、チャンピオンセミナーの講師もお願いしている。

そんな先生を、月刊空手道誌の取材が道場で行われた。

取材は約3時間行われ、あらかじめドイツと日本で打ち合わせされた、今井先生メソドを元に、実際の動きを実演し、それの撮影を行う。

編集長の水口氏とカメラマンの原氏から、多くの質問と注文が飛ぶ

脱力を利用した身体操作による瞬間移動や、ムチの原理を利用した突き技

軸足のスライドを利用した、スライディングキックなど

65歳とは思えぬ動き

また柔軟性も素晴らしく、軽々と上段へと蹴りが飛ぶ

当初、小生が相手役をする予定でいたが、来月に名古屋で行われる和道会W-CUPに出場する予定のファビアン氏にお願いした。

なぜ・・?

今井先生の技が痛そうだから・・です。

見た目は脱力のため、さして強そうにもないのだが、動きにブレーキが掛っていないので、衝突すると想像以上に重く痛いのだ。

お願いされたファビアン氏は、ピンアン2段の一挙動目に出てくる「鉄槌打ち下ろし」のみ一発で顔が歪んでいた。

で、小生に目で何か訴えかけている

`おっ・・痛てェよォ・・変わってくれ~’ってとこでしょうね。

いや、さすがに目立ちたがり屋の小生でも、こんなところで青タンなんか作りたくありませんから・・ハハ

100729_144601 そんな調子で終了

最後はインタビューでした。

100729_144501

« 2010年7月28日 | トップページ | 2010年7月30日 »