2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ドイツ指導 | トップページ | ドイツ紀行 ~導入編~ »

2010年5月28日 (金)

ドイツ紀行 ~旅立ち編~

中達也先生との貴重な時間を過ごした後、8時間後には8000K、空の旅へ小生は出ていた。

昨年同様一人旅である。

不安はないのか?

・・・あるに決まっているやろ(。>0<。)

標準語(九州出身のサガ)がようやく喋れるようになった九州男児42歳

英語力は4歳レベル?かそれ以下か

それにヨーロッパは様々な言葉が飛び交う迷宮の入り口か・・

昨年は、モスクワで乗り継ぐために4.5時間も待たされたあげく、ターミナルが不明という事態

Gateを聞くも、‘そこに居ればいいよ’的な冷たい言葉しか返ってこなかった。あの時に、にこやかな笑顔で同じ回答ならば安心したものを・・・笑顔一つ見せず淡々と対応する・・いや冷やかな目でみる空港スタッフの顔が今も忘れられない・・ヽ( )`ε´( )ノ

そんな冷や汗をかいたのが記憶に新しい

Photo_5 そして今回もまた、初ルートにして初航空会社のフィンランド航空(ヘルシンキ経由)

でも、そんな心配は無用だった。

空港が小さいのか、きわめてシンプルで分かりやすうござんした。

Photo Photo_2 着くとすぐにフィンランドならではの「ムーミン」「スタフキン」が出迎えてくれましたヨ

o(*^▽^*)o

待ち時間も2時間と短め、免税店や買いもしないのに高級腕時計店をウロウロ

時折、持参した指導のためのネタ本をペラペラとめくり、自慢の右脳回路で、バーチャル稽古にいそしむ小生

また小生同様、便を待つ他のお客も椅子に腰かけ本や携帯モバイルで時間を過ごしている。

しかしあることに気づく・・他の客の組んでる脚が長いこと・・

小生はというと・・何だかチョコンって・・(;д;)

なんかこれほど、相手がヨーロッパ勢だといえ、己の身体にコンプレックスを感じたのは久々でしたね。

そして、気がつくとまた再び上空へと後戻り

今度は2時間かけてドイツはベルリン空港へと向かう

そしてひと眠り

・・・んんっ 気がつくと着陸態勢に

おうっ!何だか頭が重い・・

42歳九州男児・・疲れがドーッと出てきた様子

タラップを渡り荷物受け取り室へ

おっと、その前にリフレッシュ

化粧室へ入りカガミを見れば、左目が充血

そうそう、小生、寝不足だと決まってこの左目が充血するんです。

あああ・・

顔を洗い気合いを入れるも、ゴシゴシ洗いすぎたか、全体が赤くなってしもーた

( ̄Д ̄;;

ん~仕方ない、気を取り直し和道会エンブレムの付いたブレザーをビシッと着込む

日本で預けた、ホワイト色したハードケースが、やや薄汚れた感じで、回転ずしのように出てきた。

なななんで、ここまで汚れるんや?

Photo_4 受け取り、最後のGATEをくぐり抜けると

和道会ドイツ連盟のベアント先生が出迎えてくれた。

つづく

ポチッと願います。何も怖くはありませんよ・・末吉さん。

にほんブログ村 格闘技ブログ 空手へ
にほんブログ村

« ドイツ指導 | トップページ | ドイツ紀行 ~導入編~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/34913577

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ紀行 ~旅立ち編~:

« ドイツ指導 | トップページ | ドイツ紀行 ~導入編~ »