2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月2日 »

2010年1月31日

2010年1月31日 (日)

ウイングカップ選抜道場対抗空手道大会

 あともうちょっと・・

 あと一つ・・

 でも、その‘あともうちょっと’を埋めるには、多くの努力を必要だろう。

 さて

 ウイングカップの競技は団体組手のみ

 しかもトーナメントではなくリーグ戦で行われるため、多くの試合を経験することができる。

 では結果報告!

  残念・・・

 1リーグ(2リーグあります)の中で2チームが決勝ラウンドに進むことができる。

 本会から出場したのは3チーム

 小学3・4年の部

 小学5・6年の部

 中学生の部 

 どのチームもリーグ3番手あたりでした・・・残念

 でも冒頭での通り、そのもう少しを補充するには、今の倍は稽古しないと無理でしょう。

 しかし現実、週2回~3回の稽古ではそれは望めないでしょうし

100131_173201 ですから、最後のミーティングでも話しました通り、自主的に取り組める稽古をやってみる!ですね。!(写真は試合後の反省会の様子です。皆に、落ち込んでる顔撮るから・・といったらニャケてしまいました)

 特に、今回は低学年チームのフジカル的な弱さが目立ち、技のタイミングは良くても、それをパワーで押し込まれてつぶされる・・という場面が多々ありました。

 そんな試合とは、先週末、本会に出稽古に来ていただいた「仁勇館(遠山先生)」の皆さんとの「小3・4年生の部」1回戦です。

 まっ先週、うちは仁勇館さんに沢山の反省材料をいただいたばかりで、その材料を切って建てるとこまではいかない内に顔合わせだったものですから、この間の再現みたいな感じとなってしまいました。

 まっでも、反省ならサルにでも出来るといわれますので、反省から何を学ぶのかが重要ですよね。

 でも中には、あることを変えただけで劇的に組手スタイルが良くなり、その後は勝ち星を重ねたワンステップ男もいたりします。

 シュンヤ&タクミです。

 しかも両名共に同じポイントなんです。

 「姿勢」

 猫背を真っ直ぐに・・・アハ たったそれだけです。

 だって、顔の位置が変わってくるので、間合いも変わります。

 顔が後退した分、足先の間合いがより深くなり、踏み込むと、改善前とでは5~10㎝は違ってきてるのではないでしょうか。

 これまで、幾度となくそれに関しては指摘してきたのですが、改善されていませんでした。

 しかし、今日のようにリーグ戦で何試合も経験できることに恵まれ、姿勢を直した直後にポントが取れりゃ~・・な~んだ本当だ!となるわけで、これまで数年言い続けてなかなか徹底できなかったのに・・

 それ以外にも、リョウ君も場数を増やしたことで、少しではあるが組手に対する恐怖にも慣れかけてきたのではと顔色から読んだのだが・・どうかな?

 中学生は3本柱の長であるタクヤが・・おい!もっと良いとこ見せんか!

 しっかし、中2のリキトには多くの皆さんが注目してたようですね。

 まっ、今日は負けなしどころか、有り余るポイントを量産してましたので、ちょっといい気になっているが、まあ良しとしましょう。

 後は、中1選手の強化ですね。

 何名かいる中で、シモトリツインズを抜擢しましたが、身体も大きくなりつつある状況なのでこれからが楽しみですね。

 でも、通常稽古が終わった後に、2・3年の先輩らとガシガシ打ち込み自主練するぐらいないと、全中なんてほど遠いですよ!

 ‘転んでもただでは起きない白水’を見せてやろうではないですか!

 最後に仁勇館の皆さん 入賞おめでとうございます!

 また一緒に稽古しましょう!

声出てるね~!

 さて強化クラスです。

100130_174002  それに今日は月一度の藤本講師(元ナショナル)の指導日でもあります。

100130_174101  子どもたちも、本能的に藤本先生の顔を見ると緊張が走るようで、普段より気が引き締まるようです。

 100130_174201 導入はラダーを使った補助トレーニングと、キックミットを使い、脱力からの「蹴り突き」を20分程度

 十分身体が解れたところで藤本先生へバトンタッチです。

 スイッチステップのパワーをいかに蹴りに繋げるか

 上体のスエーテクニックから蹴りに繋げる・・などが指導された。

 続いて一般クラスへ

 小生が前半を指導、各種ステップで身体を温め、ストレッチ(年配もいらっしゃいますからね)

 基本移動から和道独特の飛び込み突きや流し突き

 額から汗が・・

 小休止

 セイシャンとチントウを全体稽古

 後半は藤本先生が担当

100130_200501  先ずは軽く打ち込み(鈴木指導員・・顔が(o^-^o)てます。)

 3ポイントを取るための「投げ」を練習

 元々柔道選手だった藤本先生・・まっ、そのテクを駆使して当時ナショナル入りしたんですよね・・これホントです。

 今日は「蟹落とし」でした。

 相手の脚を挟み込み、腰をぶつけながら相手を崩し、間髪いれず腕を操作して相手の背面側に投げる。

100130_201801  写真はその「蟹落とし」を掛けた後に一緒に倒れてしまった様です。

 決して遊んでるわけではないのですが・・なんだか顔が嬉しそうです。

 さて明日は強豪団体が数多く参加する「ウイングカップ大会」へ参加してきます。厳しい戦いが予想されます。

« 2010年1月30日 | トップページ | 2010年2月2日 »