2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 連動が大切 | トップページ | 刻み突きのダブル »

2009年7月17日 (金)

脱力→伸張反射→技

 最近、稽古の中でスクワット+○○・・

 といったことをやっている。

 最初に説明してやらせようとすると

 ‘スクワットして’・・と言った段階から稽古生は「ウワッ」と、マジカよ!・・的な表情をする。

 そう、スクワット=キツイの方程式が成り立ったわけだ

 でも、想像とやるのとでは若干の違いが感じ取れたはず。

 なぜか?通常では

 スクワットを通常の大腿四頭筋や大殿筋の強化として捉えた。

 これは、筋トレ+技術稽古・・といったあくまで筋力系の練習

 でも今回のポイントは違う

 この場合のスクワットを行う際は、股関節、膝関節、足首の各シャフト部分の力を脱力し、身体を万有引力に任せ垂直に落下

 結果、フルスクワットよりも低く落ちることとなる。

 その落ちた圧力によって、筋肉に伸張反射を起こさせ、その出力のベクトルを前方に誘導し身体を前に移動させる。

 その移動中には、常日頃反復練習している順突きや、逆突き、蹴って突きなどバリエーションは様々

 感の良い子どもたちはキツイ(いくら反射を使うといっても筋肉は携わっていますからね)けれども楽しそうに動いてくれる。

 そんな稽古を今週は各クラスや武道学園でも行った。

 当然、大人のクラスでも行ってみましたが、どうしても筋力に頼ってしまうんでしょうね。

 楽しむというか・・顔がゆがんでいましたね。笑

 今回の稽古のポイントは、神経系のトレーニングということですね。

 

 

« 連動が大切 | トップページ | 刻み突きのダブル »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/30578609

この記事へのトラックバック一覧です: 脱力→伸張反射→技:

« 連動が大切 | トップページ | 刻み突きのダブル »