2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« GW 第1章 | トップページ | GW 第3章 »

2009年5月 6日 (水)

GW 第2章

 岩手飯岡に降り立った二人

 とりあえずタクシーの運転手さんから、ショッピングセンターがこの先にあるという情報を入手

 東北と言っても気温は20℃を超えている・・念のための寒さ対策に着てきたジャケットが体内温度を上昇させる。( ̄Д ̄;;

 1㎞ほど、コロのついたハードケースを引きずり、到着したショッピングセンターで「たい焼きアイス」とコークでエネルギーを補給する。

 甘い物好きの二人だと選択の迷いがなくて便利か・・?

 ここで、箱石先生に再び電話を入れる。

 ここから近いようだ

 期待と緊張を楽しみながら箱石道場のある箱石整形医院(そう箱石先生はお医者さんです。)へ

 お~い!と知った声が聞こえた

0905  おっ ドクター箱石先生が颯爽とこれまた先生らしく、パールホワイトのハリアーハイブリッドで参上である・・・う~ん ナイス!さすが78歳にしてマスターズ空手道大会組手優勝者です・・・関係ないか(*^-^)

 ※このJKfan5月号の表紙の人物が箱石先生です。

 宿泊先である箱石整形医院の一室へ案内される。

 まさしく病院という雰囲気の中、てっきり入院患者さん用のベッドが寝床となるのかなと思いきや・・甘かった。地べたに学校柔道で使うナイロン製の畳の上に蒲団が2組

 ん~どうみても留置場の様相

 道場は医院に隣接して造られていた。日差しを遮るものはなく、太陽のエナジーがサンサンと降り注ぐ・・道場内は明るく、ちょうど試合コート分の公式マットが引きつめられていた。

 最高の道場である。

 そして今回の目的である「短刀捕り」と「太刀捕り」の稽古が始まった。

 

 

« GW 第1章 | トップページ | GW 第3章 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/204034/29462243

この記事へのトラックバック一覧です: GW 第2章:

« GW 第1章 | トップページ | GW 第3章 »