2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月5日 | トップページ | 2009年4月9日 »

2009年4月7日

2009年4月 7日 (火)

選考会

 ん~!ヽ( )`ε´( )ノ

 県大会選考会を行った。

 埼玉県では県選手権大会(全空連県連主催)へ出場するために、各区郡市連盟で選考会や大会を開催し、定められた定員内で県選手権へ送り出すというシステムになっている。

 ちなみに本会は、道場のある杉戸町、旧庄和町(現在春日部)、幸手市から出場となる。

 枠は町の場合、各学年(小学生)2名、市の場合は4名となる。ちなみに中学生以上は上限が無いためオープン参加となる。

 ご存じの通り、全空連の主催する全国少年少女大会や全国中学校大会のレベルは、年を追うごとにレベルが上がり、その予選を兼ねた県選手権も自然とヒートアップするのは当たり前のことだろう。

 ですから、昨日の選考会のような末端の予選も必然的に見る目が厳しくなってくる。

 あらかじめ各道場内でもセレクトした選手を集めては来ているのだが・・・

 ちなみに本会の道場生の何名かは選考に漏れてしまった。

 でも、そんな全国の厳しい現状を知ってか知らずか、選手たちの気迫が伝わってこない。

 特に、組手に関しては慎重に成り過ぎてアグレッシブな試合が少ない・・・・

 先日、本会の“りえ”が全空連ナショナル入り(53kg級)を果たした。

 彼女は入会当時(幼稚園)に小生に言った。

 りえはネ~、世界チャンピオンになる!

 さあ!みんな! 

 いったい何名がりえのような目標やビジョンをもって取り組んでいるのか

 彼女は中学時代、学校登校前に道場で汗を流し、そして学校では陸上部を全うした。

 全中に出場するも上位には食い込めなかった・・でも常に彼女の頭には世界があった。

 そして、縁あって厳しさでは日本一であろう高等学校へ跳び込む

 紆余曲折・・・常に彼女は前を向き続ける。

 桃太郎杯で初の全国優勝(組手)

 その後、高校選抜では早くも姿を消す・・・

 そしてナショナル入り

 小学校で結果がでなくとも中学があるさ

 高校でだめでも大学

 大学でだめでも成人

 成人がだめでもマスターズ

 そんな風に思えるのは、自分の可能性を信じているから

 常にそんな風に思えたら、今この場でどんなパフォーマンスを発揮しなければならないか分かるだろう・・・と

 そんな思いで選考をしていると

 小生の心中は非常に・・・

 (#゚Д゚)y-~~イライラ・・・・なるわけです。

« 2009年4月5日 | トップページ | 2009年4月9日 »