2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年11月5日 | トップページ | 2007年11月8日 »

2007年11月7日

2007年11月 7日 (水)

審査内容

1.順突き&蹴って順突き

2.逆突き&蹴って逆突き

3.手刀受け&貫手

4.順突き上段の突き込み&蹴って順突き上段の突き込み

5.逆突き下段の突き込み&蹴って逆突き下段の突き込み

6.飛び込み突き

7.基立ち(組手構え) 上段、中段の連続突き(ワン・ツー)

8.基立ち(組手構え) 上段、中段の連続突きに蹴り(自由)を加える

9.前蹴り→回し蹴り→後ろ蹴りのコンビネーション

10.空中2段蹴り(中段→上段)

11.様々な技を使いコンビネーションで一気に攻撃を行う。(追込み)

12.指定された中から形を二つ演武する。

13.自由組手(勝敗にこだわらず様々な技を使い攻防を審査)

以上は、本道場の茶帯(3級~1級)に課せられる審査項目です。こうやって書き出すと多く感じますが普段の稽古の中で行なっている内容なので修養生はなんとかこれをこなします。

 ただ、一気に行きますので片道5本とはいえ息が上がってしまう受審生もちらほら・・殆どの場合は気が上がってしまい、肩に力入り呼吸も浅く早くなってしまうようですね。

 緊張は分かりますが、一呼吸でも深く吐き出して望むだけでも違うんですけどね。

 明日も頑張りましょう!

« 2007年11月5日 | トップページ | 2007年11月8日 »