2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月28日 | トップページ | 2007年1月30日 »

2007年1月29日

2007年1月29日 (月)

「心のある場所」

 今日は、幼稚園の正課(体操着で行います)の空手授業でした。

 この幼稚園は規律や礼儀に対し厳しく指導がなされているので子供たちの統制を図るのは比較的容易である。がしかし、それは幼児や低学年を指導しなれた幼児教育専門の先生方から見たらの話でありますが・・・。私は勉強の身でございます

 園児たちの行動や思考は様々、同じ年齢であってもかなりの能力差が見て取れる。特に空手の様な日常にはない動きの特殊技能系のものを教えるにはその個人差という所で顕著にあらわれる。

 「聞いて見て直ぐ出来る子」「必死に頑張るが直ぐには達成できない子」「はじめからやる気のない子」「宇宙人な子:よく居ます」様々です。そんな子供たちに質問をしてみました。(ちなみに午前中で30分交代で4クラス指導です。かなり口が疲れます)

 私のQuestion:「心ってどこにある」・・・・子どものAnswer:「あたま!」「むね」「おなか」「おちんちん・・爆笑」でした。

 私はこう答えました。「脳や心臓や胃や腸の場所は決まっているけど、心の場所は決まってないんだよ!」って「エー!?」 例えば、「ドキドキして緊張しているときは喉の辺りに」「ボ~ッとしているときは頭の上空に 笑」「普通に落ち着いているときは胸の辺りに」そして「超能力を出すときにはお腹の下に」・・・子:「ウオー!すげえ」 

 先生!どうやったらこころがそこに行けるの? 簡単な方法が一つあります。私:「深呼吸をすることです。」・・・子:「エ~ッ!かんたんじゃん」そう ドキドキしているときは深呼吸しなくっちゃ!と気づけたときにはもう緊張は半分なくなってるよ!後はユ~ックリ深呼吸すれば完璧にOK!

 その後の指導はとても楽で、子供たちの集中力も高まりましたね。こんな話を忘れずにいてくれてると嬉しいですね。

« 2007年1月28日 | トップページ | 2007年1月30日 »